歯を白くする

歯科医院によるホワイトニングとは

歯を白くしたいとお思いの方は、歯科医院でホワイトニング治療を受けることができます。ホワイトニングとは、専用の薬剤を使用し、レーザーなどをあてることで歯を白くする方法です。歯科医院で使用されている薬剤は、市販のホワイトニング剤よりも濃度が強いため、数回の施術でも白さを実感できるのが大きなメリットです。 歯科医院で受ける場合は、施術前にカウンセリングが行われます。カウンセリングでは歯の状態や着色度合いを見ながら、どれくらいの期間でどの程度白くしたいかなどの希望が聞かれます。歯科医院ではそのカウンセリングをもとに、希望する白さまで施術を行ってくれるというのが最大のメリットでしょう。就職面接や結婚式など明確な期日のある方にもおすすめです。

ホワイトニング効果を長持ちさせるには

歯科医院でのホワイトニングでも、白さが永続的に続くというものではありません。残念ながら、ある程度の日が経つと、色戻りしてしまいます。そのため、ホワイトニング効果をより長持ちさせるためにはいくつかのポイントがあります。 まず、歯に着色しやすい食品は控えめにすることでも違います。コーヒーや紅茶、煙草は歯を着色しやすいものとして有名です。ウーロン茶や赤ワイン、ブルーベリーなどでも歯が変色しやすいので注意しましょう。 定期的なメンテナンスも効果があります。ホワイトニングだけでなく、定期的にクリーニングを受けることで、着色を落とし、色戻りを確認することができるのです。ホワイトニングに比べ、歯のクリーニングは低価格です。何より、歯のクリーニングは歯周病などの予防にも効果があるとされているため、口腔内の健康維持にも役立ちます。