勤務する人物

歯科で働くひとたちをご紹介します。

歯科で働く人のなかで一番に考えられるのが歯科医師です。歯科医師はまさに歯科の中心的な役割をになっています。また医師ではほかにも口腔外科の医師も同様に専門家としてあげることができます。 次にあるのが歯科衛生士です。主な仕事は予防措置、つまりブラッシングの指導や診療補助や保健指導などを行っています。多くの場合歯科医師とコンビでその治療にあたっておりかかせない存在です。 そして技工士の存在もわすれることができません。これは医師の指示した作成書をもとに、入れ歯や銀歯などを作成します。また歯ぎしり防止用のマウスピースなどの作成も手掛けています。 医院ではこのように医師だけでなく様々な専門家が一丸となって治療にあたっています。

頭痛の改善にもなる様々な治療をご紹介します。

歯科で受けるサービスというまず思い浮かぶのが虫歯の治療や、歯列矯正、ほかにも入れ歯の作製などがあると思いますが、ほかにもブラッシングの指導や、かみ合わせ強制なども行っています。 歯と顎、そして頭蓋骨は密接な関係にあり、歯を治療することで頭痛の改善につながることがよくあります。 まず自分の歯の状態をよく見てもらい、頭痛の原因となるような症状がないかどうか確かめてみるのもいかと思います。 歯科でみつかる頭痛の原因で多いのが親不知と歯ぎしりです。 親不知は隣の歯を圧迫しそれが原因で顎のゆがみや歯痛などが生じてしまい、頭痛の原因となっていることがあります。 また歯ぎしりは寝ている間に歯と顎にものすごい強い力が加わっており、顎の疲労やこめかみの痛みから頭痛の原因になっていることもあります。 これらを歯科で治療して取り除き頭痛の解消に努めましょう。